FC2ブログ

赤緑黒白

          赤緑黒白

RED GREEN BLACK AND WHITE  森博嗣 著

Vシリーズ10巻目で最終巻になります。

4つの連続殺人事件。遺体がペンキで覆われているという猟奇的なもので、
限りなく怪しい人物のアリバイを崩していくような話です。

そして最後の最後で四季が登場していますが6歳の少女として。
ということは、時代としては前作のS&Mシリーズよりも前の時代ということですね。
すべてはFになるでは20代だったような。
林刑事の名前がファーストネームだということが判明して本名は犀川林?
というととはへっくんが犀川創平で七夏の子どもが世津子かな?
ということは7巻目だけ時代が違うということになりますね。
S&Mシリーズを読み返すとVシリーズへの布石が大量に出てくるかも。

人物相関図が見えてくるとスッキリですけれど。
来年は四季シリーズを読もうかな。
スポンサーサイト



朽ちる散る落ちる

朽ちる散る落ちる
ROT OFF AND DROP AWY 森博嗣 著

Vシリーズの9巻目で、7巻目の「六人の超音波科学者」の続編になります。

前作で開けることが出来なかった地下室に入ることに。
そこには古い謎の遺体があったのですが、研究上創設当時の人間関係に
行き着くのですが。それと平行してスペースシャトルの乗務員全員が亡くな
ったまま地球に帰還するという表向きには発表されない事件が起きていて。
何の関連も無さそうな物が結びついてきます。

ここまできても、主に登場する人たちの人物像は全く見えてきませんね。
それぞれが謎のまま終わりそうで。

捩れ屋敷の利鈍

     捩れ屋敷の利鈍
THE RIDDLE IN TORSIONAL NEST  森博嗣 著

Vシリーズの8巻目ですが、番外編のような内容になってます。
いつもの阿漕荘の面々や愛知県警の面々は登場せず、保呂草のみの登場で、
S&Mシリーズの西之園と国枝が登場します。

舞台となるのは熊野御堂家の別荘。
ここに以前登場したエンジェル・マヌーブが有るということで、保呂草は美術品鑑定家
の秋野と名乗って招待を受けるのでした。
そこにあったのは、メビウスの帯を巨大化した建物と、入り口が絶対に開かない小屋。
宝石は捩れ屋敷の一番奥にコンクリートの柱が貫いて絶対に取れないように飾られて
ます。そして、それぞれの建物で人が亡くなっているのが発見されて、宝石も無くなっ
ているのでした。

S&Mシリーズの登場人物が出てくることで、やっとVシリーズの時代が見えました。
平成の初期で、S&Mで大学2年生だった西之園萌絵が大学院生になっているので
3年くらい時代が進んでますね。
ストーリーとしては、割と単純ですが、時代が分かっただけ価値があるかも。

六人の超音波科学者

六人の超音波科学者  SIX SUPERSONIC SCIENTISTS
森博嗣  著

Vシリーズの7巻目です。

愛知県中央部の山の上にある研究所。
そこのパーティーに招待された紅子と練無。保呂草の車で送って貰って
紫子が付いてきたという、いつもの4人が揃って事件が起きるような展開ですが。
時を同じくして愛知県警に橋を爆破する予告の電話があり、山奥の山頂への
研究所に通じる唯一の道路に掛かる橋に警察の人間が集まってきたのでした。

実際に爆発して橋は底が見えないような深い谷に落ちて研究所は陸の孤島に。
そんな中で研究者の一人が遺体で発見される事に。その後に次々と事件が発
生していくのですが。

研究者達の行動が限りなく怪しく、犯人はこの人たちだろうというのは、何となく
分かるのですけれど、その事件の根本的な理由などは最後になるまでわかりま
せんでした。
そもそもこのシリーズはミステリーのようにトリックを楽しむような物では無いのですが。

恋恋蓮歩の演習

恋恋蓮歩の演習 A Sea of Deceits 森博嗣 著

Vシリーズの6巻目です。巻といってもそれぞれが独立した話ですが。

豪華客船の中という陸とは行き来できない密室の中で起きた事件。
スイートルームの乗客の一人が消えるのですが。
銃声と人が落ちたという目撃情報、しかしその痕跡が無いのです。
それと平行して前作に登場した天才画家・関根朔太の自画像が消える
という事件も発生。ヘリコプターで愛知県警の刑事が乗り込んでくるの
ですが、全ては仕組まれた事だったり。

小説の文章を書いているという設定の保呂草の行動が最初からずっと怪
しかったりはするのですが。どこまでが伏線なのかは、ほんとの最後に
なるまで分からなかったりしました。

プロフィール

気界

Author:気界
日々のつぶやきなど普段感じたこと思った事やった事を書いています。ツッコミヨロシクです

リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
最新トラックバック
FC2カウンター
QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: